« MHP2G:集会所ティガレックス | トップページ | MHP2G:オモチ »

2008年6月16日 (月)

MHP2G:村★6緊急「一対の巨影」

「ネコの火薬術」と「ネコの防御術【大】」が同時発動したので

P080616a

村長★6緊急クエスト
リオレウス&リオレイア同時討伐に挑戦することにした。

防具はレックス+レウス。防御力263。
自動マーキング+攻撃力UP【小】。
ボス級2頭をいっぺんに相手するときは、やっぱり自動マーキングが便利かなと。

P080616b

武器はブラックブレイド(龍属性)。
温存していた『黒い塊』。ここで大剣に使うことにした。

P080616c

それじゃ出発しましょうかね。

森丘エリア3。

最初に相手することになったのはリオレウス。

集会所★2で散々お世話になった経験を活かし、危なげなく立ち回り。
集★2では逆鱗が出ないらしい』と悟るまで繰り返した対戦は無駄ではなかった。(時間は無駄になったかもしれんが)

龍属性が効いているのか、結構ひるむ。

これは余裕じゃね?」と安心ムードの中、

やってきたよ雌火竜が。

バッサバッサと。

あたしの彼氏に何すんのよ!』的な勢いで。

ついに2頭になったかぁ~

とにかくリオレウス1頭に集中しようとするも

回復薬を飲むとレイアの火の玉が。

振り向きに溜め切りを決めようとするとレイア突進。

そのうちにリオレウスも元気が出てきたみたいで

彼女にいいとこ見せるぜ!』と言わんばかりの猛攻。

2頭でギャオギャオ突進してゴーゴー火を噴く。

吹っ飛ぶ俺up

転げる俺down

2頭に揉みくちゃtyphoondash

いや「たぶんこうなるだろう」とは思っていたけど

あまりにも想像通り、あまりの阿鼻叫喚に思わず一言。

「これはヒドい」(笑)

もう笑うわ。笑っちゃうよ。おかしいもんコレcoldsweats01

同時に相手するのは厳しすぎて、エリア退避を駆使した。
自動マーキング大活躍。

そうこうしているうちに舞台はエリア4に移ったが、
なんて仲の良い2頭、ここへも一緒に来やがった。

エリア4でギャオギャオゴーゴー。

相変わらずヒドすぎる(苦笑)

爆弾を当てたいけど、罠を仕掛ける暇が無いから足止めできない。やるなら最初にやるべきだった。

みるみる無くなっていく回復薬グレート。

無理だ。2頭同時は無理。

「・・・どうするよこれ。」

苦し紛れに閃光玉を投げるもリオレイアには外れた。
2頭同時に混乱してくれたらという思惑は失敗。

打開策が見えない中、突然

リオレイアが離れていった。

別に瀕死になったとかそういうんじゃなく、

なんか私、飽きちゃったから帰るわ』みたいな。

あまりにも唐突な彼女の行動、
驚いたのは吾輩よりもリオレウスだろう。

俺を1人にするのかよっ!

という彼の声が聞こえてきそうだった。

1頭なら組みし易し。追い込みをかけた。

というわけでリオレウス狩猟。

P080616d

尻尾切りには失敗したけど、まず1頭目完了。

ちきしょー、あの女・・・

と彼が思ったかどうかは、さだかではない。

次はリオレイア。

逃げた、というより気まぐれ女を追いかける。

P080616e

捕獲した。

どうにもリオレイアの尻尾と頭を部位破壊したときの姿って、哀れで不憫で、いつも

「このまま倒せるけど、捕獲で許してあげよう」

って思っちゃうんだよねぇ。

悪い女と分かっていても、
男は傷ついた女性を助けたくなるものなのさ、フッ。

村に帰ると黄色い吹き出しだらけ。

P080616f

皆、この英雄の俺と語りあいたいのかーい、なんてなdelicious

これでまた、村★6という新たな世界に突入したのだな。

P080616g

いやー実際、そうなりかけたッス・・・catfacesweat02

もう一度言っておきたい。

「あれはヒドい」(笑)

まさに「リオのカーニバル」だね(ワケワカ)

でも楽しかった。

リオレウスとリオレイアは最高だよ。格好いいし。

苦しいよりもワクワク感がある。

好きなボスモンスター1位2位だ。

つまりこのクエストは、好きなクエスト1位かも。

|

« MHP2G:集会所ティガレックス | トップページ | MHP2G:オモチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MHP2G:集会所ティガレックス | トップページ | MHP2G:オモチ »