« MHP2G:G★1ヒプノック2頭vsハンマー | トップページ | MHP2G:G★1クイーンランゴスタvsLV1散弾速射 »

2008年9月29日 (月)

MHP2G:G★1ダイミョウザザミ亜種vs狩猟笛

G★1『戦国大名風雲録』。ダイミョウザザミ亜種。

キリンS+氷狩猟笛ドスギアバルーン(レア度6)で挑む。

P080929l

G級ソロは捕獲の見極めスキルが重要になってくる予感。

本当は火薬術発動で、紅ミラボレアスに行きたかった。
ゴリ押し術に招きネコの幸運と来れば尚更。

P080929e

しかしハチミツ在庫が全く無くなっちゃっていて。
紅ミラボに行くには無理があるかなと。

P080929d

おっかしいな、一時ハチミツ50個まで回復したんだがな。
アッという間じゃの。

ハチミツ無しの回復薬グレート9個、回復薬10個で行く。

いざ出発。

P080929g

・・・。

・・・・・・死ぬ。weep

・・・・・・・・・力尽きまくる。crying

サーセン。亜種とはいえダイミョウザザミだとナメてました。

凄い攻撃力だ。
え?俺、キリンSで来たよな・・・
防御力453、水耐性20。それでこれか。グハ。

何度も死んだ末の結論。

奴が怒ったらモドリ玉で逃げよう。

ダメージを食らったらとかノンビリしていられない。
オトモが居ない状況(ターゲットが1人の状況)で転ばされるとヤバすぎる。

P080929f

ザザミ亜種に連れてくるには弱かったか。
でも、なつき度を上げたいんで・・・

ザザミ亜種が潜ったら納刀して走る。
いかに素早く納刀できるかが生死を分ける。

ヤドタックルはある程度ホーミング性能があるせいか、
まともに真横へ逃げるとかえって危険。
相手の斜め前へ擦れ違うように回避したほうが成功率が高いようだ。

爪破壊は水ブレスの隙とダウンさせたときに狙うしか。
通常時はまともに狙えない。

意外に食らうのがボディプレス。
食らった場合は、ボディプレス前に何をやっていたか省みる。
奴の動きが遅いからと考え無しに攻撃していると、
このボディプレス回避が出来ない。

相手の攻撃の隙と、自分の硬直時間を考慮して
欲張らないようにしたい。

ボディプレスは避けられる攻撃だ。
これを食らってしまう、回避が間に合わないというのは、
「こちらの攻撃タイミングが悪かった」ということ。

もー、いろいろ勉強させてもらったよ。

やっとここで「ダイミョウザザミ戦」をやった感じがする。

今まではヤオザミのデッカイ奴って程度の感覚で。

今回はシビレ罠使って爆弾使って、もう必死。
初めてザザミと「戦った」、と感じた。

3回も3オチリセットしてしまった・・・

捕獲完了。

P080929a

強かった。

P080929m

ヤド破壊が出来てよかった。
狩猟笛で来た甲斐があるというもの。

終わってみれば、調合モドリ玉のおかげで
回復薬グレート2個と回復薬2個で済んだ。

P080929j

あんまりハチミツがあるかどうかって関係無かった。
死ぬときは転んで潰され飛ばされイッキに昇天するから。

回復薬グレートが足りなくて死ぬとか、そういうのは無い。
回復薬グレートの数の問題じゃなくて。

ダイミョウザザミ亜種は回復薬の数にモノを言わせる、
いわゆるゴリ押し勝ちするような相手ではなかった。
いかに攻撃を食らわないかという基本をあらためて教えてくれた。

そう考えると紅ミラボレアスもそうなんだよな。
回復薬グレートの数が生死を分ける相手じゃない。
キッチンスキル、ちょっともったいなかったかも。
紅ミラボに行くべきだったかもしれない。

でもたぶん、ザザミ亜種だから学べたわけで良しとする。

他、同じ装備でキングチャチャブー戦を2つ。

P080929k

樹海採集ツアーのキングチャチャブーもご丁寧に撃破。

こやつは攻撃力の高い強敵で、本来はブログ記事として
こうしてオマケで書くような相手ではない。

一番嫌なのが、
苦労のわりに剥ぎ取り報酬がショボい
ということ。出来ればやりたくない相手ナンバー1。

キングチャチャブー戦は、強引に行っちゃいけない。
実は基本は逃げだと思う。きちんと隙が出来るまで待つべき。

気の済むまで走らせ、バテて動きが止まったのを確認してから攻撃を入れる。
狩猟笛では何とかピヨらせたいところ。

ザコの攻撃も凄まじく、この部下ザコとキングをひっくるめて
全体でボス級として真剣にやらねば痛い目に遭う。

キラキラ光る落し物はたまに爆弾だったりするので
拾わないにしても不用意に上を歩かないこと。

キングチャチャブー戦は自分の欲との戦い。

取りあえずメルホアZ防具を揃えてみようと思っている。
するとアレだ。次回はクイーンランゴスタかな。

|

« MHP2G:G★1ヒプノック2頭vsハンマー | トップページ | MHP2G:G★1クイーンランゴスタvsLV1散弾速射 »

コメント

どもです^^
G級突入おめでとうございます♪
いやぁ、ダイミョウ亜種は破格の強さですよ…
G級訓練にもダイミョウ亜種出てきますが、剣士装備(片手だっけか?)なのに即死して( Д)゚゚ってなりました;;
でも、初見が一番ワクワクしますよね◎まさに狩るか狩られるか……
『これぞMHの醍醐味!!』みたいな。笑

投稿: ヤカン | 2008年9月29日 (月) 11時31分

ザザミ亜種には何度となく泣かされました…
ジャンプ→バック突進に何度やられたか。

紅黒龍はいまや根性があるからまだマシになりましたよね。2nd時代は一発くらったら1落ちという世界でしたから、今は良い時代ですw
とはいえ前作には安全地帯があったんですがね…
紅い子はしんどいです。

投稿: のげ’s | 2008年9月29日 (月) 12時01分

上位ではそこそこ強かったはずの装備がG級上がると旅人の服に成り下がりますからね~^^;

多分イヤンクックも油断するとヤられますw

と言いつつG2級上がるまではほぼMAX強化のギザミ&ナルガで頑張りました。

※昨日触れた「ラー」はやはり激昂版のようでした^^; 道理で…死。

投稿: はま | 2008年9月29日 (月) 14時07分

コメントありがとうございます。
 
>ヤカン さん
そうそう、G級訓練も出現しました。
フィールド訓練は面倒くさそうで見送っておりまする…
即死する防御力でやれだなんて、訓練所オヤジ(教官と呼べ)にも困ったもんですな~
 
>のげ’s さん
「いまや根性があるから」言われても、上位装備にこだわっているので根性スキルがありません(笑)
プレイヤーが根性出してもPSPには伝わらないようですww
一応、黒龍はもう討伐剥ぎ取りしたから、次回は制限無くG級装備で戦おうと思っています。
 
>はま さん
はい。まさかの展開でした。本気で選ぶ防具間違えたかと思いましたもん。
イャンクックにも気をつけます。
そういえばナルガ素材の武器も防具も作っていないなぁ。そろそろ何か作ろうかな。

投稿: しらさぎ雪二 | 2008年9月29日 (月) 16時42分

夜分遅くにこんばんわ。
ザザミ亜種討伐おめですよー
「ザザミとは違うのだよ、ザザミとはッ!」
という教訓を当然、僕も味わいましたwww
クイーンランゴスタは最初の頃は直視できないくらい気持ち悪かったデス…

メルホアということはついに罠師に目覚めたわけですね?w
しかし、G☆1で手に入る防具ならパピメルをお奨めしますよ!
何度も言うようですが、回避性能が付くと世界が変わります。
回避率が上がれば手数も増えるので、ハチミツ不足や討伐時間、共に多少なりとも緩和されるのでは?
「当たらなければどうという事はない」が実現可能なニュータイプ育成防具♪
更にナルガと組み合わせれば…ワクワクが止まらない(笑)

ナルガG武器は武器威力こそ低いものの、斬れ味が紫、会心率50%と脅威の数値を誇るので、匠がない防具にはピッタリです。
極めつけは痺れる様な漆黒のデザインですね~

投稿: 日々ランサー | 2008年9月30日 (火) 02時13分

>日々ランサー さん
メルホアはたぶん、トレジャーハンター用(笑)
パピメルというと男キャラではオウビートですな?
これにナルガ武器と。ふむふむ。
オウビートSも随分使いましたが、まだ回避性能を意識した立ち回りをしたことはありません。ティガvs片手剣で咆哮に対して回避を試みるぐらいでしょうか。後はサッパリ。

投稿: しらさぎ雪二 | 2008年9月30日 (火) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MHP2G:G★1ヒプノック2頭vsハンマー | トップページ | MHP2G:G★1クイーンランゴスタvsLV1散弾速射 »