« MHP2G:訓ザザミ亜種vs残り3種 | トップページ | コンピュータ将棋 »

2008年10月16日 (木)

MHP2G:訓ガノトトスvs倍率100%以下武器

訓練所にて特別訓練。ガノトトス。
このガノトトスは下位の動きであるが、ここまで近接武器で苦戦している以上、学ぶ点は多いだろう。

ポイント倍率の低い武器は難度が低い気がするので、
その順番にこなしていく。

目標タイムはタイムアタックボーナス最大になる10分。

まずはポイント倍率90%のヘビィボウガン。

P081016a

要するに撃てば良いだけ。(笑)

ガノの川流れになっても構わないから安心して撃てる。

まず毒弾を撃って、
水中でウロウロされたら水ブレス時に徹甲榴弾を撃って、
後はテケトーに。

7分25秒。

P081016b

10分切ったから良しとする。
タイムアタックを始めるとシンドイから。

次。

同じくポイント倍率90%の片手剣。

P081016c

麻痺らせて爆雷針の連続。

6分25秒。

P081016d

これはヤリ込めばもっと伸びるよ、間違いなく。
やらないけど。

次。

ポイント倍率95%のガンランス。

P081016e

ガード性能+1のおかげで亜空間タックルが怖くない。
助かる。

ただ、攻撃の仕方がよく分からない。
ガノトトスvsガンランスぅ・・・?!
どういう方針で行けばいいのん。

足元に張り付くほうが良いのか、
水ブレスを誘って踏み込み斬り上げ→砲撃か、
はたまたボンボンと砲撃しまくるのか。

軸となる攻撃を定められぬまま、9分7秒で10分切り。

P081016f

これでいいか。

「ちょっと勝ってみただけ」という気がしないでもないが。
まぁそれはヘビィボウガンや片手剣も同じこと。

それでも、この戦いでガンランスがまたちょっと上手くなったとは思う。ガンランスは伸びしろがまだまだあると自覚できる武器で、やってもやっても「こんな方法があったのか」という発見がある。

ちなみに「伸び代(のびしろ)」という言葉は辞書には無い。
スポーツ業界から広がった造語らしい。
ポテンシャルだのキャパシティだのと横文字を使うより、
ずっと日本語っぽくて好感が持てる用語ではないか。

次。

ポイント倍率100%の大剣。

これが。全然上手くいかなくて。どうしたもんやら。

水ブレス誘い→腹切り→回避→納刀→また水ブレス誘い

の繰り返しだと、勝てるけど10分切れないようで。
(少なくとも僕の実力では。)

強引な方法をいろいろ試すも安定せず。

ピコンと10分針になってはクエストリタイアの連続。

最後は「どうせ10分切れないのだから」と
アイテム採集で秘薬を取りつつ楽にクリアし、終了。

P081016g

15分53秒。大剣っぽくないタイム。despairしょぼーん

P081016h

ショックで枕を濡らしつつ就寝。

例のG★1亜種3頭大連続狩猟に大剣で行くつもりは無いけれど、何かが分かっていないのだと思う。

10分切るまで頑張るかどうかは未定。

残るはポイント倍率105%のハンマー。

G★1大連続狩猟戦を考えれば、これこそが本番だろう。

勉強させてもらおう。

オマケの話

鎧石 + 皇帝バッタ = 王鎧玉

だったんだ。1度調合したことがあったのに忘れてた。

皇帝バッタ、結構売っちゃったよー。もったいなかったな~

|

« MHP2G:訓ザザミ亜種vs残り3種 | トップページ | コンピュータ将棋 »

コメント

じゃあとりあえず先日幻となったガノスの私のハンマー的立ち回り方を・・。(根にもってる

まず奴の攻撃で怖いのは・・全て痛いですね。
ならば全て避けましょう。
というわけで、私の立ち位置・・全て背後です。
も一ついうと亜空間タックルと尻尾回転の当たらない背後の位置です。
ガノを後ろから見て、少し右側ですね。
この位置を常にとります。
流れは
背後をとる→ガノこちらを向く→その動きに合わせて
さらに背後をとる→ガノあさっての方向に攻撃
この繰り返しです。
これに溜め+攻撃を加えると
背後をとる→ガノこちらを向く→その動きに合わせて溜めながらさらに背後をとる→ガノあさっての方向に攻撃→足元に溜め3スタンプを置く
の繰り返しです。
ここでの注意点は・・足踏み。痛いです。
足踏みが当たらない範囲で時計回りの最短距離を走って背後をとるようにしましょう。
亜空間タックルならタックルし終わって戻ってくるところをスタンプ。
ブレスなら即スタンプ。
尻尾回転がきたら攻撃しつつ足の間を通りましょう。
攻撃は臨機応変に溜め2を混ぜればGOOD。
特に怒り時は動きが早いので注意です。
もちろんG級にも対応してます。
転んだら足元に回転で飛び込みつつホームランが安定してそうです。
この流れにもちこめばガノといえど手玉にとれることでしょう。
さあ、みんなでハンマー使おう!

投稿: ぶらふ | 2008年10月16日 (木) 13時14分

>ぶらふ さん
おぉ、恐れ入ります。
(まったくココログメンテと来たら、何て事しやがるって感じでしたね)
ぶらふさんのハンマー講座~ぱちぱちぱち
・・・背後?! 背後からですか。
その戦法は初耳だφ(。。;)早速メモ
足元に溜め3…右足が良いとか左足が良いとかありますかね?
尻尾回転で足くぐりは勇気が要りそう。尻尾側からは、やったこと無いから…
攻撃は溜め2も混ぜていく(特に怒り時)、と。
ありがとうございます。
まずは訓練所でやってみますね。

投稿: しらさぎ雪二 | 2008年10月16日 (木) 13時48分

ぶらふさんのハンマー講座、とても役に立ちました♪
では僕からは大剣とガンランスをw

大剣…ブレスを誘って腹にタメ3orタメ2を決めます。その後はガノの右側後ろにコロリン。再びブレスを誘い…です。
怒り時はタメ2で我慢しておきましょうw

ガノ(他のモンスターも?)は攻撃する寸前の自キャラの位置ではなく、その前の攻撃が終わった直後の自キャラの位置を認識しているのだと思います(多分…)
これがミソですw

例えば、水から飛び出て来た後這いずりをしますよね?
それを追いかけて行き、尻尾回転が当たらない範囲で待機しましょう。こちらを振り向こうと足踏みしている最中に腹に潜り込んでしまいます。そして、あさっての方向にブレスしているガノをほくそえみながら、タメ3を気持ち良く当てちゃいましょう!!
これで10分は切れるはずです!
ちなみに僕は7分45秒でした(釣り上げ無し)

ガンランス…テツザンコーはステップ回避推奨、尻尾回転は100%ガード。個人的には左足粘着を心がけています。あまり砲撃は使わずに、切り上げメインで攻めていますね。尻尾回転が怖いですが、完全密着でない微妙な距離を保つと当たらない場所があります。腹が出っ張っている所より少し後ろです。
こればっかりは体感してくださいとしか←なげやりw
この位置をキープできれば、テツザンコーが来てもガノの左側にバックステップすれば当たりません。
避けるのではなく、攻撃範囲から脱出するような感覚でb
こちらは6分49秒でした(釣り上げ1回)

僕も、鎧石+メランジェ鉱石=真鎧玉
も結構最近になって知りました!加工屋のオヤジの話ちゃんと聞いておくんだったwww

投稿: 日々ランサー | 2008年10月16日 (木) 23時55分

>日々ランサー さん
講座ありがとうございます。
大剣、
水ブレス誘って腹に溜め切りは、今の僕の反応神経だと間に合わず(攻撃に成功してもその後がマズイ)、少々博打気味になってしまうんです。つまり現在の実力では10分切りは無理ですね。恐らく攻撃時の立ち位置が分かっていないだけだとは思いますが…
ガンランス、
テツザンコーのステップ避けの勇気はまだ出ません。であれば右足に付くのはどうだろうと考えつつあります。
回転の当たらない微妙な距離は僕も気付いたんですが、「サイズに依存するのかもしれない」と思い、その正確な位置を割り出すのは保留しました。基礎の基礎を見つけたかったので。
「ガンスでもガノと戦える」と分かっただけで大きな収穫でした。
今回のアドバイスは総じて
「あぁ、やっぱりそれ、やらなきゃイカンのか」
と思いましたcoldsweats01
何とか反応できるように頑張りますね。

投稿: しらさぎ雪二 | 2008年10月17日 (金) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MHP2G:訓ザザミ亜種vs残り3種 | トップページ | コンピュータ将棋 »