« MHP2G:武神闘宴クリア(ティガグラビ編) | トップページ | MHP2G:武神闘宴vs大剣を終えて »

2009年5月 5日 (火)

MHP2G:武神闘宴クリア(ディアラー編)

ディア出現直後も25分針だったような、
出現直後に30分針になったような。

グラビまでの残り時間が曖昧で申し訳ないが
ディア終了時間はメモっている。
いかに激昂ラージャンを意識していたかの表れだ。

ここまでくると自分の中で武神闘宴は、
「5頭の危険なモンスター達」ではなく、
「激昂ラージャンとその他大勢」になっていた。

というわけで

第4戦ディアブロス亜種

出現前に閃光玉or携帯シビレ罠採取。
今回は携帯シビレ罠が取れた。嬉しい。happy01

音爆弾と閃光玉で押す。

ディアが潜っている時間はすなわちタイムロスの時間。
とにかく地上に長く居てもらうため、閃光ハメは有効。

尻尾を切らない戦法も練習しておいたほうが良い。
閃光玉や音爆弾をナルガに使いやすくなるし、
閃光玉が無くなっても焦らずに済む。

潜行尻尾に溜め斬りは、右・左と尻尾振り攻撃された後に
ディアの左脚後ろで溜めて行う。

潜行尻尾に攻撃した後、すぐにコロリンしてはいけない。
尻尾が潜りきってから回避行動を取る感じで。
直後の突き上げを食らわないために大切なタイミング。

今回のディア戦、ひとつラッキーなことがあった。
間違えて閃光玉が暴発し、ディアの背中側に閃光玉を投げる形になってしまった。
その時、ディアがとっていた行動はバインドボイス。
ディアは咆哮時、グネッと頭を後ろに向ける。
それでちょうど閃光が視界に入ったらしく、ピヨったのだ。
なんという偶然。

もう押せ押せである。

閃光ピヨに対する攻撃は、
尻尾に吹っ飛ばされないことを心がけた。

一手先を読み、
「ここで溜めると尻尾振りだった場合、食らってしまう」
と判断したら、迷わず立ち位置調整。

溜め3を4回当てようとせず、「3回+微調整」で攻めた。

閃光玉も良く当たってくれた。

一撃しただけで怒るようになったら捕獲サインと見て良いが…
そのまま突き進んだ。

確かに携帯シビレ罠を取れた。
残り時間も悪くない。
捕獲しても良いのではないか。

が、初志貫徹。

次のラージャンに罠を持ち込めるだけ持ち込む。
そのテーマを貫くことにした。

足を引き摺るグラビ、一撃で怒るディアの誘惑に耐え、
必死で落とし穴とシビレ罠を確保。

そして討伐。
「捕獲か迷っている間にディアが死んだ」と言うより、
最後まで倒し切っての勝利だった。

回復薬剥ぎ取りと砥石を終え、残り時間を見ると12:05

僕にしてはまあまあ早い上に、今回は何と言っても
落とし穴1個、シビレ罠2個がある。
そして1度もオチていない

奇跡的な大チャンスが訪れたが、意外に冷静だった。

第5戦激昂ラージャン

スタートで溜め斬りを加えた後、すぐに落とし穴設置。

オトモがターゲットのときにハマったせいで、
残念ながら背中からの攻撃になってしまった。
溜め3→斬り上げ→溜め2

早速、激昂するラージャン。

それに対してシビレ罠。
何となく携帯シビレ罠から先に使いたかったが、
ポーチ検索で先にシビレ罠が出てきてそのまま使用。
激昂ラージャンの前でアイテム用意にまごつくのは危険。

で、罠に突進してきたラーに合わせて溜め始めたのだが
少々前に出過ぎていたようで、ラーが罠にハマると同時に
こちらも吹っ飛んでしまった。(あるある~)
溜め3を1回入れただけに終わった。

さあ、後は己の実力で戦いきるのみ。

残り時間2分を切ったら捕獲しよう。携帯シビレ罠用意。

雷ビームで頭は狙わない。胴体に溜め2~3。安全に安全に。
ケルビステップ後のバックステップに溜め1~2。
デンプシー擦れ違いに抜刀斬り。

ケルビステップ後のバックステップは、
直前のジャンプ踏み切り地点に戻ってくる。だから、
その最後のジャンプの踏み切り位置をしっかり確認しておき、
ラージャンがお尻をこちらに向ける動作をしている間に
その位置に向かって溜め始めておく。

後は、まんまとそこへバックステップしてきたラーに
剣を振り下ろすだけ。

デンプシー擦れ違い切りは、
これまでは単純に右腕側からラーに向かって抜刀斬りするだけの、直線的な攻撃をしていた。

それが練習により、
右腕を通り過ぎた瞬間にラーの背中方向へ向き調整してから抜刀切りするようになった。
の字」というか「の字」というか、意識的にはそんな動き。

今回は、そのデンプシー擦れ違い切りがことごとく決まった。
チャレンジクエスト10での特訓(リタイア繰り返し)が活きた。
練習は嘘をつかない。

どこぞの体操選手が、
「練習で120%成功させる実力が無ければ、
本番で100%成功しない」
と言っていた。

鴨川会長も
「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし!
成功した者は皆すべからく努力しておる!!」
と言っていた。

1分2分が長く感じる。いつまで戦わなきゃいけないんだろう。

「振り向き頭に溜め斬り」も、多少は使った。
しかし、するとやはり事故が起きる。
回復薬グレートが減っていく。時間も失う。

3回怒らせるのを取りあえずの目安としていたものの、
眼前で猛り狂うラージャンが
2回目の激昂なのか3回目の激昂なのか、
もはや解らなくなっていた。

回復薬グレート、残り3個。
そこからは徹底して安全策。

当然、捕獲フィニッシュだと思っていたが…

『その時』は突然訪れた。

---目的を達成しました---

・・・。

・・・・・・?

・・・・・・・・・何?

いやぁー・・・ベタな感想、よくある話で申し訳ないけれど・・・

何が起きたのか解らなかった』ですよ。

「やったぁーっ!!happy02」とか「よぉーしっ!!crying」とか
そういうの全く無くて、

もがいて倒れ付していくラージャンを見ながら

「そんな攻撃モーション知らんぞ!coldsweats02みたいな。

終わった。

終わったんだな?

もう戦わなくていいんだよね?

戦闘思考の回転が止まるまで、2~3秒かかったと思う。

で、

「あ、剥ぎ取らなきゃ…」と回復薬Gを1個剥ぎ取ったところで

「いやいやいや、まず撮影だろ!」と我に返って。

戦闘中より慌てる始末。

携帯シビレ罠、涙目。捕獲用麻酔玉、空気。

いや、違うな。

「ラーを捕獲できる」という安心感があったから、
後半、堅実な戦法を取れたんだ。
それが結果として、手数の多さを生んだのだろう。

クエストクリア表示。

フィニッシュ画面。

そっと携帯電話SH505iを取り出し、iショット送信。

「みんな、やったよ。勝ったよ… ありがとう。」

友好度ゼロのプレイヤーが、「みんな」という言葉を使っていた。

ソロで武神闘宴クリア達成。

|

« MHP2G:武神闘宴クリア(ティガグラビ編) | トップページ | MHP2G:武神闘宴vs大剣を終えて »

コメント

読みましたーw
感動しました!
本当におめでとうございます!

#はやく私も肩の荷を降ろしたいですーww

投稿: Marino | 2009年5月 5日 (火) 17時58分

おお~クリアおめでとうございます^^
捕獲なし無乙でクリアはすごいですね
お疲れ様でした
ところでラージャンのバックステップの戻ってくる位置はジグザグの最初のジャンプの右手の位置に頭がくるんでそこから位置取りすれば頭がしっかり狙えます
真後ろは2段バックの時被弾するんで頭か右手狙いのほうが安定かなぁ、と思いますね
ともかく、武神クリアお疲れ様です

投稿: ROCK | 2009年5月 5日 (火) 18時22分

おめでとうございます!
“高み”にたどり着きましたねw
ただこれでモンハンに飽きないか少し心配ではありますw

投稿: すちいる | 2009年5月 6日 (水) 00時02分

コメントありがとうございます。
 
>Marino さん
長文読破、恐れ入ります。
自分としては、書いた文章以上にかなり高い世界を見たと思うのですが、その全てを表現する技量はありませんでした…
「肩の荷」(笑)
確かに、クリアすると何かから解放されますよ~
 
>ROCK さん
捕獲なし無乙は偶然でした。最初から狙っていたら、逆に出来なかったでしょうね。
「右手の位置」ぬおぉ、そこまで確認しますか。
バックステップ位置把握時は、まだラージャンが「ひとつの塊」にしか見えません。精進します…
 
>すちいる さん
飽きる・・・うーん、無いですね。大丈夫です。
ただ、「他のことやりてぇな」と思うことはあります。coldsweats01
ガンダムのプラモデルとか、ジグソーパズルとか。

投稿: しらさぎ雪二 | 2009年5月 6日 (水) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MHP2G:武神闘宴クリア(ティガグラビ編) | トップページ | MHP2G:武神闘宴vs大剣を終えて »