« MHP2G:武神闘宴クリア(装備とナルガ編) | トップページ | MHP2G:武神闘宴クリア(ディアラー編) »

2009年5月 5日 (火)

MHP2G:武神闘宴クリア(ティガグラビ編)

ナルガ討伐後、回復薬グレートを剥ぎ取りで10個に。
落とし穴設置。落とし穴調合。閃光玉調合。

ナルガが消え始めた瞬間、怪力の種を飲む。

奴の影が落とし穴に浮かぶ。溜め斬り開始。

第2戦ティガレックス

さて、落とし穴ティガへの攻撃であるが

背中狙いにした

頭には当てづらい。
首狙いはだんだんズレてきて、最悪の腹や前脚に当たりがち。
頭も首も安定しないとなると、次なる肉質弱点は背中だ。
さすがにこれは安定。落とし穴ティガの背中切りは容易い。

「ヨワッ」と言われようと、もうコレでいい。catface

後は閃光ハメ。ティガ割り当ては5個。
ナルガが4個で済むことが多いので、大概は6個使える。

それにしても、その閃光ピヨ中・・・
結局、威嚇2回噛み付きに溜め斬りしかないらしい。
それ以外で手を出すと、その後がやばい。
「溜め3+抜刀斬り」「溜め2+溜め1」でほぼ怯むようなので
溜め2~3を入れた次の攻撃は、多少大胆に行く。

ここらへん、運要素がデカすぎて納得いかない。gawk
1回の閃光ピヨ中、1度も威嚇してくれないことだってある。
かと思えば3回連続威嚇だったり。

ティガのご機嫌に左右されるのが少々不満。今後の課題。
閃光無しでの立ち回りを目指すしかないかもしれん…

怒り+閃光ピヨでのバックステップ後は、
ジャガイモがほぼ確定らしい。(助言コメント感謝。)
ティガの後ろが壁で距離が離れなかった場合など、
何とか上手い対処をしたいところ。
(ジャガイモと解ったところで大したこと出来ないのが難点)

ナルガには強走薬Gを1個使うが、ティガには使わない。
閃光ハメだからあまり意味が無いと思って。

威嚇頻度によってはティガも5分を切れる。
しかしだいたい6~7分かかるのが定番。
ナルガ+ティガで12分(残り38分)なら良しとしている。

ティガ討伐。

剥ぎ取りで回復薬グレート10個確保。
落とし穴設置。落とし穴調合。
大タル爆弾2個設置。大タル爆弾調合。

フィールド爆弾採取。

第3戦グラビモス亜種

フィールド爆弾採取で小タル爆弾が取れるので、スタート時の起爆に使う。
と言うのは、抜刀起爆すると、グラビの落とし穴のハマり方によっては、こちらの立ち位置がズレて要らぬ事故が発生することがあるから。
小タル爆弾が取れなかった場合は抜刀起爆を試みる。

グラビ出現、怪力の種を飲む。

風圧を避けるため、しゃがんでおく。

グラビが頭上まで来て、風が発生した瞬間に小爆弾を置き、
しゃがんだまま少し移動して(立つと風圧負けする)、
頃合いを見て前転回避、大爆弾の爆風を避ける。

起爆が早過ぎて空中のグラビに当たると、
グラビがハンターに気付くのが先になり、
落とし穴に27秒間ハマってくれない。

グラビが落とし穴に入ってから爆発するタイミングで。
(わざと気付かせて早めに落とす上級者テクニックもある)

以前はこの27秒間で爆弾を炸裂させまくっていたが、
爆弾は後でグラビームを利用していくらでも当てられる。
だからここでは切りまくることにする。

溜め斬り→斬り上げ→溜め斬り→…
狙いは腹で、たまに首に当たると嬉しいな、といった場所。
やや左から斬るのが良い感じ。向かって右側だと、斬り上げが左脚付け根に当たって弾かれることがある。

落とし穴が終わったら咆哮される。ガードする。

次は尻尾切りを狙うが、
基本的にオトモが健在なときに行う。
(ターゲット分散も利用できるから)

オトモが地中回復中は、
翼への溜め斬りや首への抜刀斬りで妥協しておく。
尻尾まで移動していると事故が起きがち。

首への抜刀斬りは、向かって右側からグラビ視線と垂直に切り、黒煙爆発を左サイド回避で避ける方法をとっている。

『ヨチヨチ歩き→回転尻尾攻撃』
大爆弾を準備し、尻尾を避けてからテキトーに1個置く。
次のグラビームで自爆してくれる。
自爆してくれなかったときはもう1個置くか、抜刀起爆する。
懐に潜って溜め斬りは、どうもタックルで飛ばされる。shock
なので、大爆弾設置という安全策をとっている。
爆弾が無い場合はグラビームを見越して翼に溜め斬り。

『タックル』
溜め斬りの大チャンスのように思えるのだが、
グラビの復帰してからの行動が早過ぎる。shock
考え無しの溜め3は無謀。
ここも大爆弾で妥協するか、首への抜刀斬りをザシュッと入れて様子見している。何か上手い方法が無いかと今でも悩む場面。

ヨチヨチ歩きやタックルに対しては、
怪力の種や砥石、爆弾調合でお茶を濁す手もあろう。

グラビ戦では、頃合いを見て強走薬Gも飲まねばならぬ。

そのうち、足を引き摺る。グラビは体力がデカいため、こうなっても結構体力が残っている。ここからが長い。sweat02

クリアできた今なら、絶対に捕獲を狙う。

ただ、落とし穴で捕獲するか、シビレ罠で捕獲するかは
これまた、今でも悩みどころ。

だいたい、以上のような感じで戦っていた。
5頭の中で一番弱いのは、実はグラビだと思っている。
ただし長丁場になるため、うっかり被弾率が割と高く、
妙に回復薬グレートが減ることも多い。
だから尻尾を切っておくことは重要。

いつもはここでフィールド採取回復薬で補っているのだが、
今回は強引に討伐まで頑張ったぶん、助かった。

残り時間をメモっていないのだけども、
25分針で討伐し、ディア出現直後も25分針のままだったような気がする。(記憶曖昧。)

|

« MHP2G:武神闘宴クリア(装備とナルガ編) | トップページ | MHP2G:武神闘宴クリア(ディアラー編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MHP2G:武神闘宴クリア(装備とナルガ編) | トップページ | MHP2G:武神闘宴クリア(ディアラー編) »