« MHP2G:祝・双剣200回 | トップページ | MHP2G:祝・太刀200回 »

2009年9月12日 (土)

MHP2G:祝・片手剣200回

全てはここから始まった。

片手剣200回目は、初心者演習の基礎訓練。

「基礎訓練≪基礎の基礎≫」。

P090912a

なんて懐かしいのだろう。2008年4月17日を忘れない。

片手剣は初期の頃、初見モンスターの相手をしていた。
相手の動きが分からない間は片手剣か射撃武器。

「ヤバイ」と感じたときに回避行動や抜刀状態回復に移れる片手剣は、生存率が高い。
取りあえずビール。取りあえず片手剣。

だから、勝ち負けはともかく、片手剣が戦っていないのは
おそらくシェンガオレンとヤマツカミだけであろうと思う。
ラオシャンロンすら片手剣で行った。(時間切れだけど)

ウカムルバス討伐の功績は大きいし、
ミラシリーズ全ての撃退経験もある。

しかし最大の功績は、何と言っても双獅激天クリアだろう。
2009年7月17日から始まったその挑戦は、
幾度も幾度も負けを繰り返すエンドレスエイトになった。

8割方、いや9割方、いやいやほぼ確実に、
100連敗で終わるものと思っていたが・・・

片手剣という武器に対する思いは、「最初の武器」。

100回記念(2008年12月7日)で僕はこう書いている。↓

◇◇◇

あの美しい雪山に一歩を踏み入れた時の感動は忘れない。

吸い込まれそうな白銀の景色に圧倒された後、
ふと目の前のマンモスを見る。

P090912b

のっしのっしと歩くポポを前に、
ジャキッと△ボタンでルーキーナイフを出す。

あの緊張感。

「最も印象に残っているクエストは?」と訊かれたら、
このクエストがナンバー1だ。
リオレウスやラオシャンロンなんぞ、目じゃない。

「これは今までのゲームとはどこか違うぞ」と直感した。

◇◇◇

・・・

ゲーム開始から1年と5ヶ月、100回記念から9ヶ月。

今でもやっぱり、このクエストで受けた衝撃がナンバー1だ。

武神闘宴や双獅激天をクリアしてもなお、そう思う。

P090912c

僕は、トレーニングモードというやつを、ないがしろにしないプレイヤーである。
そこでは開発者の本気度や、そのゲームに対する愛情が見えるものなのだ。

確かに、練習モードはつまらないけど本編は楽しいというゲームもある。
が、
練習モードが面白いと感じたゲームは総じて本編も面白い。
練習が面白いのに本編はツマランというゲームに出会ったことはない。

例えば体験版で判断するのは、一理あると言える。

仮に、この「基礎の基礎」が片手剣ではなかったとしたら…

違った展開になったかもしれない。

スタートダッシュというのは大事なのだ。

モンハンの第1印象は120点だった。

狩人日記。

P090912e

「双璧!黒き熱風」(大闘技場グラビモス亜種2頭)のクリアは、抜刀アーティによるもの。
「絶対零度」は火太刀。「焼けつく砂丘」は氷太刀。

どうでもいいけど
力尽きた回数通算1400回突破!
ご苦労さんだなオレ。catfacesweat02

1400回/2190戦=死亡率64%

死に過ぎだ。
350万ハンターの中で、5本の指に入る男だろうと思うがいかがだろうか(爆)

片手剣。

もうちょっと火力があればなぁ・・・
効いているんだかいないんだか手応えが無い、
そこが唯一にして最大の欠点と言えよう。

でも憎めないヤツ、片手剣。

|

« MHP2G:祝・双剣200回 | トップページ | MHP2G:祝・太刀200回 »

コメント

だとしたら僕も入りますね

投稿: ルーシィ | 2009年9月12日 (土) 22時36分

 ホム。カウントダウン中ですね…
 いやはや。お先に一言。お疲れ様でした。

 自分としては、片手は「サポート武器」でしかなかったりします。
 具体的には、「麻痺」とか「毒」とか…
 PT戦以外ですと、そういう意味では「メイン」にしたことはない武器です。
 そして、ライトノベルなどで「基本の武器」とされるこの武器。
 強みは「敏捷性」にあるものの…
 いやいや。属性とか考えると強いかも?

 戯言はともかく、自分もポケモン買ってしまったから、当分そっちかな?
 あー…時間が足りない…。

投稿: 消閑の放浪者 | 2009年9月12日 (土) 22時38分

コメントありがとうございます。
 
>ルーシィ さん
5本の指に入るってことかな?coldsweats01
お互いクジけず頑張りましょう(笑)
 
>消閑の放浪者 さん
片手剣、
「雑魚は任せろ」的な戦い方なら得意かもしれませんね~
異様にデカい属性値を活かすことが大切なのかも。
ポケモンは、まだ始めていません。
きっちりとモンハンをやって、ブログを書き終わるまでは、と思っています。

投稿: しらさぎ雪二 | 2009年9月12日 (土) 23時41分

片手剣も終了ですか…


実は自分も、初めての訓練は片手剣からでした

その後大剣→双剣→最終的に太刀に落ち着きました

片手剣は何となく、弱そうな感じがして…
カンタロスの頭集めによく使ってたような

何だろう、やはり、雪二さんのブログをみてると色んな武器を使いたくなりますね(´ω`)
何はともあれお疲れ様でつ

投稿: 浪人生 | 2009年9月13日 (日) 00時43分

双獅激天ではネコ愛があふれていましたねheart04
やり始めでまだ余裕が無い時はオトモの行動にキレて

『殴られるお前も痛いだろうが殴っている俺の拳の方がもっと痛いんだ』

そう言って俺は軽やかにセレクトボタンを押した

ガキーン……こいつ俺の攻撃だけやたらとガードしやがって(怒)
こんな感じだった私も雪二さんのおかげでネコに対して余裕を持てるようになりました。そしたらネコが可愛くて可愛くてしょうがなくなっちゃいましたよ☆(^-^)♪

ある時雪二さんは言った、「オトモ無しでクリアする虚しさより、オトモ有りでクリア出来ない口惜しさを取れ!」

またある時雪二さんはこう言った、「オトモ無しで一人ぼっちの勝利より、オトモと苦渋を分け合っての惨敗を選びます。」

名言としてメモしました(o^o^o)
それでは長文失礼しましたm(__)m
※雪二さんに対する羞恥プレイではない

投稿: 毒殺天使 | 2009年9月13日 (日) 01時10分

段々と終わりが近づいてきましたね
このMHP2Gでは最初からどの武器も選べますが
据え置きのモンハンなどでは、最初は片手剣しか持ち物がないんですよね
そこから素材を集めて他の武器を作っていくという形だったので
片手剣はほんとにモンスターハンターをはじめた人たちへの、まず基本となる武器でした

今作から始めた人の中には太刀しか使ってません、片手剣?なにそれ?なんて言う人もいるぐらい扱いは低くなったかもしれませんが
自分もモンハンの一番の思い出は?と聞かれると、自分はMHdosから始めたんですが、片手剣でフィールド散策してモンハンの世界に入ったころが一番印象に残ってますね

投稿: ROCK | 2009年9月13日 (日) 02時01分

僕は 雪二さん=片手剣 のイメージがとても強いですdelicious

それも全部 双獅激天 の印象が強すぎるからでしょうconfident

あれは正直ゼッタイ無理だと思ってましたchick
しかし最後の最後でクリアー
成長を目の前で見た気がしましたhappy01

投稿: ダスティンホフマン | 2009年9月13日 (日) 08時54分

いつもこのブログを拝見させてもらっていました。初コメです
2Gでは、G☆3まで片手剣で突っ走っていました
ヤマツですら、氷牙ソロで倒しました^^
おかげで片手使用回数が800越えてます^^;

今はMH3をやってますが、3でも片手剣使ってます( ^ω^ )

あと、太刀&大剣で雪二さんのMHP2Gも終わりですか・・・
今までお疲れ様でしたhappy01


投稿: 夢幻 | 2009年9月13日 (日) 14時11分

コメントありがとうございます。
 
>浪人生 さん
『片手剣は何となく、弱そうな感じが』
↑実際、弱いと思います(笑)
『カンタロスの頭集めによく使ってたような』
↑あー、僕もモンスターの濃汁集めとか、やりました。
LV1毒弾を使えば楽勝ということに後で気付きましたけど。coldsweats01
 
>毒殺天使 さん
オトモにこだわったのは、
「僕は2ndGを買ったのであって、2ndを買ったのではない」っていう思いもありました。
世間を見ると上級者であればあるほどオトモを連れて行かないので、後から遊ぶ初中級者に対して
「居てもクリアできる」「居るほうが楽しい」
ということを証明しておきたかった気持ちもあります。
『雪二さんは言った』
↑過去記事にも責任を持つべきなのでしょうけど、照れる(笑)
 
>ROCK さん
ほぅ、過去のモンハンではそんな仕様が。
そうそう、初期の頃はフィールド散策も楽しかったです。
薬草1本、石ころ1個が嬉しかった。
新しいフィールドが登場するたびにワクワクしました。
ぶっちゃけた話、樹海の採取に関しては今でも把握していなかったり…
 
>ダスティンホフマン さん
双獅激天はキツかったですな~。( ̄▽ ̄;)
『正直ゼッタイ無理だと』
↑ご安心ください、やってる本人もダメだと思ってました(笑)
50分生き延びることすら出来ないなんて、確実に自分の実力以上のことをやっていましたねぇ。
ブログが無ければ諦めていたと思います。
 
>夢幻 さん
ヤマツカミ片手剣クリアって凄いですね。coldsweats02
できるものなんですな~
僕もシェンとヤマツに行っておくべきだったかも。時間切れでもいいから。そうすれば「片手剣で戦っていないモンスターはいない」と胸を張れたのに。(^^ゞ

投稿: しらさぎ雪二 | 2009年9月13日 (日) 16時17分

片手剣なので一足遅れましたがコメントを…。

訓練所とは…てっきりラストの太刀でやるかと思ってましたが、そういえば初クエは片手剣でしたね。

しらぎさんの片手剣と言えばやっぱり毒々ファンタグレープ作戦の印象が強いです。
逆に属性片手剣の印象は全くないですね~、双天くらいでしょうか?

私にとっては片手剣でG2級まで来たのでメイン中のメイン武器です。ガノ亜種がいなかったら未だに片手剣と弓だけで戦ってたかも(笑)

片手剣は取り回しの利便性と切れ味補正があり、属性値が高いのが利点なのですが、G級も後半になると、「切れ味+1が比較的容易に発動するので補正の有効性が薄い」「属性値が上位武器で十分高いせいか、G級での上昇値が少ない」ということがあり火力が低く…(TT)

あと単純に敵の体力が増えてきてハイガノボマーにしろ毒にしろ、状態異常で減らすのがキツイというのが。

というか他の武器がG級になると一気にパワーアップしてる感がありますね(笑)

逆に上位装備で限定すれば最強クラスの火力じゃないかな、と。

長々とすいません。
それでは最後まであと少し、がんばってください!

投稿: 驟雨 | 2009年9月14日 (月) 22時20分

>驟雨 さん
『毒々ファンタグレープ作戦』←そうそう。ロイヤルローズ系にはお世話になりました。
G級ガノ亜種は嫌な相手ですね~。解れば片手剣でも行けますけど、その境地に至るまでは、ランスや射撃武器が必要でした。
片手剣の考察、ありがとうございます。
漠然と肌で感じていたことも、実は具体的な数値的原因があったんですな。

投稿: しらさぎ雪二 | 2009年9月15日 (火) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MHP2G:祝・双剣200回 | トップページ | MHP2G:祝・太刀200回 »