« 夏休みの計画 | トップページ | 除雪当番 »

2010年2月 4日 (木)

念願の

日中、出歩く時間があったので・・・

ポケモンセンターサッポロにて、
ポケウォーカー配信コース『イベント』をゲット。
ついでにミュウのクリアファイルも。貰えるもんは貰っておくよ。

そして、もうひとつ。初めて日本赤十字社に振込募金した。

これまでも
コンビニ・東急ストア等のスーパーマーケット・ファストフード店・区役所、等々、レジ横の募金箱には、見かけたらほぼ確実にチャリンチャリンと入れ続けてきたのだが

銀行振込で寄付をするというのは、やったことが無かった。

レジ横の募金箱以外では赤い羽根に入れるぐらい。
(羽根は後の処分に困るので毎度受け取っていない)
助け合い運動期間外の街頭募金には入れたことないです。なんか怪しいから…

で、

ずっと気になっていた。

1円だ5円だとダラ銭がほぼ毎日飛んでいくのは良いとして

もうちょっとこう、『ビシッとした貢献をしたいぞ』と。

銀行振込はある意味、悲願だったと言えよう(笑)

決断のきっかけは、親友・杉氏の話。
「うちは窓口が仕事場にあるので、(災害時などは)ほとんど毎回募金している」
と聞いて。

ぬおっ、なんじゃそら。( ̄◇ ̄;)

まず「羨ましい」と思った。

そして次に「負けてらんねぇ」という気持ちが(笑)

躊躇している場合ではない。吾輩もやるのだ。

そして銀行へ。

・・・ふぅ。やってやったぜ。catface

取りあえずハイチ大地震被害ぶん。
千円で申し訳ないが勘弁してくれ。

ところで

今回はブログネタにしたけれども…

本来、こういうことは隠れてやるものである。

こんなところに書いては、
「寄付したんですよ寄付! 凄いでしょ~」
と自慢しているも同然だ。まったくもって下品な行為。

聖書にも「良いことをする時、ラッパを鳴らすな」と書いてある。

(マタイによる福音書 第6章1~2:
「自分の義を、見られるために人の前で行わないように、注意しなさい。もし、そうしないと
天にいますあなたがたの父から報いを受けることがないであろう。

だから、施しをする時には、偽善者たちが人にほめられるため会堂や町の中でするように、自分の前でラッパを吹きならすな。よく言っておくが、彼らはその報いを受けてしまっている。」)

そこまで分かっていながらネタにしたのは、
誰かの背中を押すことになるかもしれない、と思ったから。
親友の言葉が僕にとってそうだったように。
そうするほうが正しいと信じたから。

偽善者でも結構。

「やらない善より、やる偽善」だ。

だいたい自分、こんなことしながら
ゲーム購入のために5千円を確保していたりする。
罪深いったらありゃしない。

|

« 夏休みの計画 | トップページ | 除雪当番 »

コメント

ほほう、寄付を。
それは良い事です。
例え少額だろうと、例え人にそれを知られようと、例え偽善と言われようと。
金銭や物品を施しする事はつまり、寄付をする本人にとっても救いになると思うのです。
そしてその結果、わずかでも救われる人がいれば…それは間違いなく「善い行い」ですしね。

私も街角に立つ少年少女たちの募金箱を見ると、つい小銭をいれますねー。
昔、残しておいた電車賃を丸々入れてしまい、歩いて帰った覚えが(笑)

投稿: 兼頼 | 2010年2月 4日 (木) 21時44分

>兼頼 さん
フォロー、ありがとうございます。
電車賃まで募金して歩いた…って、それ
どこのハ○ス名作劇場(笑)

投稿: しらさぎ雪二 | 2010年2月 5日 (金) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休みの計画 | トップページ | 除雪当番 »