« 5代目パソコンの動作音 | トップページ | 後始末など »

2011年6月 7日 (火)

5代目自作PC完成

お気付きだったろうか。
ここしばらく、当ブログで写真画像がアップされていないことに。

何から何まで1からインストールしている中、フォトレタッチソフトが後回しにされ続けていたのだ。
4代目で使っていたお気に入りソフトは、Win7の対応表記が無かった。問題無く動くという報告を多数見かけるも、しばらくは公式対応にこだわりたくて。

使用ソフトの変更は、慣れるまで時間がかかるが仕方ない。

とりあえず定番中の定番とされるGIMPを使ってみる。
基本的に公式が英語なのが若干不安だけど。
英語なんぞ分からんcoldsweats01
有志が作成した日本語マニュアルで頑張るぞ。

実際、PCを組み立てながら、多少の撮影はしていた。

その1枚目がこれだ。

「さーて組み立てるぞ」とマニュアルを開いて泣くの図。

P110607b

ぜんぶ英語だ~っ!(;T▽T)ハハハハハ

まぁ、だいたい分かるけれども。weep

公式ページで日本語マニュアルが公開されるよう期待したい。

ぶっちゃけ、マニュアルよりも

月刊雑誌の
DOS/V POWER REPORT(インプレスジャパン)
とか
日経WinPC(日経BP社)
で情報を得るほうが役立ったりする。

これから自作を始めようという人には、まず
この2冊の最新号の読破を薦めたい。

で、組み立てていきまして・・・

最大の難関は一番最初にある。
マザーボードにCPUの取り付け。
そして静電気に気をつけながらのメモリ挿入。

これさえ突破すれば、勝利したも同然。

・・・のハズなんだけど。

P110607c

さて、ここで問題。

上の写真において、
このまま電源を入れてはマズイ箇所があります。

どこでしょう。

はあー、やっちゃったよ。

この後、PCケースに入れて、電源接続して、電源オン。

いやぁ~、PCケース開けたままで確認通電して良かった。
意味あるね、この作業は。
安易に蓋を閉めて達成感を得ちゃダメだ。

CPUファンが、コードに引っかかって回らなかった。

P110607d

箱から出してそのまま取り付けちゃイカンのねん。

慌てて電源切断。
システムに余計な負担をかけてしまった。

そして、問題のWin7SP1。KB976932事件。

P110607e

ここで10分以上、止まるんだよねぇ。
加えてモニターの省電力が働いてしまったという。
そりゃビビるて。wobbly

1回やったことがあれば待てるけどさ。
初めてでこの状況把握は難しすぎた。

そしてリセット数回の後にやり直すも

P110607f

突きつけられる無情な宣告。

この後、プレステ3によるインターネットブラウズで現状確認の後、素直にシステム更新準備ツールの実行で事無きを得る。

あと、小さいけどこんなミスもあった。

DVDドライブ。

P110607g

ドライブ上面にシリアルナンバーが記載されているから
取り付ける前にメモっておけだと?!

バカなっ! 取り付けてしまったわ! 外すの面倒くせぇ!

公式ページで何かをダウンロードする場合、製品シリアルナンバーの入力を要求されることがある。(特にIOデータ製とか)
メモれと言われればメモっておいたほうが良い。

他、HDMIケーブルが設置場所的に1メートルでは届かず置き場所の変更を迫られたり、FLASHプレイヤーのインストールが何故か一発で出来なかったり。

動画再生ソフトは結局フリーソフトにしたからDVDドライブ付属ソフトは要らなかった、だったらもっと安いドライブにすれば良かったとか。

そういえば3代目PCのLANケーブルをプレステ3に接続していたから、新たにLANケーブルを引っ張ってこなくちゃいけないんだったとか。

それでも。

どうにかこうにか動いてくれた。

環境移行も8割、いや9割方、終わったと言っていい。

今なら言える。この5代目PCがメインパソコンだ。

やれやれだよ。gawkふぃー

今はともかく、Win7が強敵。

慣れればXPより利便性が高そうなのは見てとれる。

でも慣れねぇ(笑)

現在のところ、いちいちヘルプ経由が多い。
久々に解説書が欲しいかも。Win95以来。

なんだか、嵐のような1週間だった。

だいぶ落ち着いた。

そろそろゲームに戻りたい。catface

|

« 5代目パソコンの動作音 | トップページ | 後始末など »

コメント

>マザーボードにCPUの取り付け
ここら辺は神経使いますよね。
家の父はこれに失敗(CPUソケットのピンを折ってしまった)してマザーボードを買い換えるハメになったことがありました…。

>CPUファンのコード
そうなんですよね。買った時の状態だとファンに固定してある部分が引っかかるんですよね。自分の経験では、PCのファンって異物があったりして引っかかると強引に回る事無くランスの突進が弾かれた時みたいな感じ(?)でちょっと戻って止まったりしました。簡単に壊れない様に出来てるんだなあと思いました。

>DVDドライブのシリアルナンバー
そんなところにシリアルナンバーがあることがあるんですね…。マニュアル侮れませんねwobbly

投稿: 綿ごま | 2011年6月 7日 (火) 19時16分

SPはハマると非常に解決が面倒ですよねぇ…
何はともあれ新PCお疲れ様でした。

私が激しくPCでつまづいた記憶といえば排熱系のトラブルですかねぇ。
結局リテールのCPUファンでは冷却が追いつかなかったためだったのですが、ハードかソフトの切り分けができず
リカバリしても治らずと、どんづまりましたよ(;´Д`)

投稿: しゃのん | 2011年6月 7日 (火) 23時48分

コメントありがとうございます。
 
>綿ごま さん
ピンを折る経験をしてこそ一人前かもしれませんが、経験したくないですcoldsweats01
ファンは異物に引っかかることを想定して作られているのかも。
DVDドライブのシリアルナンバー、どうにかメモりました。今のところ必要な場面はありませんが(爆)
 
>しゃのん さん
サービスパックは時間と心に余裕がある時にやるべきですね~
リテールファンで冷却が追いつかないとは、どんなスパルタ使用をしているのかとcoldsweats01
確かに止まり方によって、エラー原因がハードにあるのかソフトにあるのか判断が難しい局面があります。むむむ。

投稿: しらさぎ雪二 | 2011年6月 9日 (木) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5代目パソコンの動作音 | トップページ | 後始末など »