« 暑かった | トップページ | アグナ亜種 »

2011年8月 6日 (土)

おままごと

姪(3歳半)が昨年に続き遊びに来た。

昨年との決定的な違いは、「ごっこ遊びを好む」ということだ。
意味が無くても、ワケが分からなくてもいいが、「流れ」は必要。
これは難度が高い・・・

前回同様、「もっかい!(もう1回!)」のお褒めの言葉を貰うことが目標。
「子供は同じことを繰り返すよねー」とよく言われるが、それほど単純ではない。「楽しいと感じたこと」しか繰り返さない。

「もっかい!」は「楽しいよ!」と同義語、ひいては「遊んでくれてありがとう!」の意味である。
このお褒めの言葉が無ければ「負け」だ。

今回のおままごとは、料理から始まった。定番だな。

タマゴ料理だが何故かドッカンドッカン爆発しまくっていた
大丈夫か。

で、それを弁当につめて、車でお出かけ。
パパが連れて行ってくれた経験を覚えているようだ。

さて、どこに行けば喜んでくれるのか。さぐりを入れる。

「動物園に行きましょうか?」とストレートに聞くか?
2つほど選択肢を出して「どっちに行きたい?」と聞くか?

そこへ持ち出される絵本。絵本を指でなぞりつつ、

「右に行ってー、真っ直ぐ行ってー、左に曲がるとつきます!」

地図である。絵本は地図であった。

動物園に行くことになった。

「チッカ、チッカ、チッカ」とウィンカーの効果音を出しつつ曲がり、走る車。

やがて動物園に着いた・・・と思われたが

「まだだよ?」とお姫様からのダメ出し。

「スーパーでおやつを買ってくださーい」

リアルである。
て言うか、自分の欲求が入っているのだろうか。

おやつもきちんと買う。
オモチャのお金で「これください」「200円です」「はいお金」などと1人2役で客と店員をこなす。
その間、お姫様は車内で寝ている設定である。
チャイルドシートの再現だが、リアル親は車内に子供を1人置いて買い物をするような親ではないということは記しておく。

その後、
「なんだか風邪をひいたみたいよ、病院に行ったら、お医者様がこれとこれを飲んでくださいって言います」
とか言い出した。つい先日、リアルで医者に診てもらっていて、取り立て新鮮な記憶である。

「では、お注射を打ってもらいましょうね」と言ったら
「それはしませーん」と笑顔で返され、

そこから話が急展開した。

車の前に、車から飛び出たお姫様が両手を広げて立ちふさがったのである。
危なすぎる。

ここでの選択肢は無限であろうが・・・取りあえず
「あれ? こっちは行き止まりですね」
とノッてあげた。そしたらこれがバカウケ

「じゃあこっちに行きましょう」と曲がっても通行止め、
「困ったなぁ、バックするしかないかー」と下がっても通行止め。

キャアキャアとテンション上がる元お姫様、現進入禁止柵。
汗だくになって進路を塞ぐ。

「どうしよう、どこにも行けません」

と言ったところで流れが切れてしまった。

お姫様もこの後が思いつかないようだ。

もう充分、楽しんでもらっているようだったが
なにかもうひとつ欲しかった。

そこで再び

「ではこっちに行ってみましょう」

とハンドルを切り、
注射される展開にしたくないお姫様が続けて立ちふさがったところで

「この壁を壊して道を開きましょう」

とガンマンのポーズから「バン!バン!」と柵(=姫)を撃った。

3歳児相手に銃を向けるなんて、教育上どうなのと思いつつも

これがもう、抱きついてくるほどの大バカウケ

負けず嫌いのお姫様は「ダメよ~っ!!(大爆笑)」とこっちに向かってきて(自分がやられ役になるのは許さない)、いつの間にか柵を壊す側にまわっていた。

結局、動物園には到達しなかった。

できれば、銃を撃つのではなく、プリキュアかゴーカイジャーの必殺技にしたかった。しかし残念ながら見たことが無いので無理だった。今思うと、せめてウルトラマンのスペシウム光線にしておくべきだった。反省。

とかやってるうちに、うまい具合に昼食。
退屈してグズることもなく、なんとか時間を繋ぐことが出来た。

ママ(=妹B)の話によると、いつも料理中はどうしても1人で遊ぶことが多くなるそうで、そこで遊び相手がいるというのは大きいらしい。
(料理のお手伝いをさせようにも、3歳半ではいまひとつ限られる…)

実はこのおままごとには、アナザーストーリーがある(笑)

昼食後に「また、おくるましようね」と言われた。

つまり「もっかい!」を頂戴したわけだ。合格である。

アナザーも料理から始まるドライブ。

動物園とプールの両方に行くと言い出したお姫様。

プールという設定で行き着いた先には、
姫がリアルで苦手なお風呂が待っていた。
早くシャンプーに慣れておくれ。(シャンプー以外はゲラゲラ笑っているのだが…)

|

« 暑かった | トップページ | アグナ亜種 »

コメント

久しぶりのカキコです、おひさです。(誰?とか思っても言わない様に!!) 

なんだか今日の記事は、いつにも増して平和的で面白いですね(笑
そんな中でもいつも通り目標を持って行動されている姿には脱帽です。

子供の相手って、年をとればとるほど、考えれば考えるほど分けわからなくなったりしますよね……。かといって子供と同じレベルで遊んでいると加減のタイミングが分からずにトラぶったり。。。
難しい、ですよね?

ところで、タマゴ料理が爆発って本当にどうしたんだと(笑

投稿: (ry←さて、最後のカキコは何時でしょうか? | 2011年8月 6日 (土) 23時33分

お久しぶりです。
モンハンやらなくなっても読んでますが、やはり姪ごさん関係の記事は秀逸。めっちゃ面白いです。
もっかい!笑

投稿: HAMAH | 2011年8月 7日 (日) 15時49分

コメントありがとうございます。
 
>(ry←最後は3月初旬っぽいかな? さん
目標というか、そういうのが無いと、子供と遊ぶのはかなり骨が折れます(笑)
基本的に子供を否定せず言われるがままに遊べば、だいたい問題無さそうな感じ。(危険なことや公序良俗に反することだけは修正)
ちなみに料理が爆発したのはこのときだけでした。アナザーでは普通に完成して終わり。最初のあれは何だったんだろう。
 
>HAMAH さん
姪とは気軽に会える距離ではないので(飛行機の距離)、1年に1回程度なのが切ないところ。
でもそれぐらいの頻度で調度いいかも。疲れるから(笑)

投稿: しらさぎ雪二 | 2011年8月 8日 (月) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑かった | トップページ | アグナ亜種 »