« サカつく7:エディット選手 | トップページ | サカつく7:サガン初タイトル »

2011年9月27日 (火)

ハスラーキング

例のお詫びキャンペーンでダウンロードしたきり、
1度も起動していなかったPS3のビリヤードゲーム
「ハスラーキング」を今頃になってプレイ。

C110927a

とりあえずキャリアモードのルーキーリーグALLクリア。

ビートザクロックが一番苦労した。制限時間内に指定個数のボールを落とすゲームで(99秒以内に15個中8個…だったかな?)、PS3のコントローラさばきも要求される。まごついている暇は無い。ちょっと設定が厳しすぎると思う。4~5個でいいよコレ。

他はどうにか。
クリアアップ(指定回数で全てのボールを落とす。ほぼノーミス要求)が少々てこずったけど。

ポジショニングプレーは全く出来ず、運任せ。(^^;

力加減が分からん。

アシストラインが表示されるおかげで球を入れるのは簡単。
なんと、当てた球が弾かれる方向までアシストしてくれる。
そのラインをポケット方向に合わせればポンポン入る。
非常にユーザーフレンドリーなビリヤードゲームだ。
親切が過ぎる? いや、そんなことは無い。
やっぱ入ってくれれば気持ちいいよ。

しかしアシストしてくれるのはそこまで。

手球が最終的にどのあたりに止まるかは教えてくれない。
ここが初級者と上級者の違いになりそう。

ああ、力加減が分からん。
手球があっち行ったりこっち行ったり・・・

1度、フリーモードでいろいろ試しておこうかな。

惜しむらくは、あともうちょっと操作性が良ければ、と思う。
特に、今カメラモードなのか玉突きモードなのかは、もっと判別しやすくしてほしい。

それでも、さすがの美しさと、さすがの物理演算。
PS3だからこそと思わせてくれる。
少なくとも値段分(1000円)の価値はあるんじゃないかと。

まぁ僕はお詫びソフトとして無料でゲットしたんだけどね(^^;

|

« サカつく7:エディット選手 | トップページ | サカつく7:サガン初タイトル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サカつく7:エディット選手 | トップページ | サカつく7:サガン初タイトル »