« サカつく7:空白の23年目 | トップページ | サカつく7:耐えた24年目(サガン鳥栖1年目) »

2011年9月22日 (木)

サカつく7:24年目サガン鳥栖

というわけで、24年目はサガン鳥栖でスタート。

またお金が無ぇ~。

C110921e

例によって、リアルなサガン鳥栖選手を優先。

スカウトリスト。

「前所属」で秋戸豊作が。
1年の付き合いだったけど、忠誠度は100のままだったのか。

C110921f

でも、もう獲れない。資金的に無理。

これでコンサドーレ札幌色が消えてしまった。

今年から佐賀県の一員として、このJ2チームを1から作り上げていく。

取りあえず、13人。

C110921g

システムは仮のもの。3-5-2ゲルマンスタイルを組めるかと思ったんだけど、基本条件の精神力D以上・パワーD以上を誰かが満たしていないらしい。

これ、アレかねぇ、
佐賀の人だったら、「おぉ、あの選手を採用してる!」とか、そういうのあるのかねぇ。

地元コンサドーレ札幌ですら選手の記憶が曖昧だというのに、他のJ2チームとなると、もはや分からんよ。

一応、13人中8人がリアルのサガン鳥栖選手。

しかし公約が「平均年齢23歳以下」の若返り推進なので、
ゲーム上、年齢が積まれてしまっている現役選手は切りまくるかも(^^;

計算してみると、今のところ24.07歳。わずかに23歳超。

11月にユースの16歳選手を全員昇格させる予定。

公約を満たせば、解雇条件の「コアサポーター100人減少」にも引っかからないと思うが・・・
プロモーション費用をケチったから不安。

今度こそ解雇されないよう、張り切っていこー。

|

« サカつく7:空白の23年目 | トップページ | サカつく7:耐えた24年目(サガン鳥栖1年目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サカつく7:空白の23年目 | トップページ | サカつく7:耐えた24年目(サガン鳥栖1年目) »